セレモニーホールあぶらや

葬儀の流れ

式前の準備

■病院でお亡くなりになった場合
ご遺体の搬送が必要ですので当社にご連絡ください。寝台車にてお迎えにあがります。

■ご自宅でお亡くなりになった場合
かかり付けのお医者さんに連絡をとり死亡の確認をしてもらいます。

■不慮の事故や突然の病死の場合
警察による検死になることもあります。

親族やお寺さんや町会の班長(組長)、関係者各位に連絡をとります。菩提寺のない場合は当社がお寺さんをご紹介させていただきます。

枕元に枕飾りをご用意します。前机・香炉・燭台・一輪挿し(花)・線香・ローソクなど当社にて用意できます。枕飯と水と団子を用意します。宗派や地域により枕飯と団子の飾り方が違う場合がありますのでご相談ください。また、町会(組内・班)で枕飯と団子を用意する場合もあります。
その他、神棚を半紙で塞ぎ、お仏壇の扉を閉めます。宗派により扉を開ける場合もあります。

日時の決定にあたりお寺さんのご都合を最優先します。その後、火葬場の予約を取ります。この時点で初めて日時が決定します。この調整は当社で行えます。日時の決定の段階で関係者各位に正式なご連絡をします。

病院から死亡診断書を預かります。以後の手続きに必要な書類です。念のためにコピーを数枚お取りください。死亡診断書の空欄(死亡届欄)に必要事項を書き込みます。

所轄の役所に死亡届を提出します。死亡診断書、印鑑(認め)、火葬料金、待合室料金などが必要となります。
この手続きは当社にて代行できます。


通夜・葬儀

各種打ち合わせ

■お寺さんとの打ち合わせ
お寺さんとの打合せでは、戒名や法名を決めます。その際、故人様の簡単な略歴をお伝えする必要があります。御布施などの謝礼はお寺さんや戒名により異なりますので、当社にご相談ください。

■町会(組内・班)の皆さんとの打ち合わせ
町会(組内・班)の皆さんと当社を交えて具体的な打ち合わせを行います。町会のお手伝いをご辞退する場合、当社でお手伝いを代行させていただきます。

■当社との打ち合わせ
・葬儀内容の決定(コース料金他)
・霊柩車やバスの手配
・遺影の手配
・会葬礼状や香典返しの手配
・通夜ぶるまいの飲食の手配
・葬儀当日の弁当と精進落としの手配
・お供物の手配
・新聞社への手配
・その他必要な打ち合わせ
・謝辞・弔辞・役付など

通夜

通夜を行う前に納棺を行うのが一般的です。納棺は近親者やご親戚やごく親しい人で行います。
セレモニーホールで通夜を行う場合、一般の参列が増えてきています。通夜の服装も礼服が望ましくなっています。
通夜ぶるまいの食事も少し多めに手配するのが安心です。

■通夜の流れ
(1)読経 → (2)焼香 → (3)法話 → (4)通夜ぶるまい

故人と最後のお別れになります。

火葬収骨後、初七日などの法要を済ませてから精進落としに移ります。お世話になった皆さんへのご挨拶をお願いします。

葬儀や仏事のしきたりや習慣は宗教や地域により異なる場合がありますのでお気軽にご相談ください。
葬儀に関するチェック表ををご用意いたしました。もしもの時はお役立てください。